パウイ
トップページ > 商品情報 > パウイ

発売開始から20年のロングセラー

病気になりにくい体づくりをめざそう!

健康に欠かせない栄養素はアミノ酸。
アミノ酸が大量に含まれているのは大豆。
その大豆を飲みやすくアミノ酸摂取が出来るようにしました。

パウイファイトケミカルK ¥24,800 こんな方におすすめ
取扱店を募集しています
お客様の声1

お客様からたくさんの声が届いています。

「出合いを信じて」 男性

泌尿器科での11時間にも及ぶ大手術、99時間意識不明など臨死体験を経験し、その手術による後遺症から副甲状腺手術、そして平成8年夏、糖尿病検査入院、その年の10月に胆道閉塞症で4カ月119日入院、膵臓と胆嚢の再検査手術が週2回地獄のような痛い、辛い、寂しい入院でした。何とか膵臓から十二指腸までの体内に管を入れての退院、不自由さを感じながらの毎日でした。
でも人間は「病で死ぬのではなく、寿命で逝くものだ」そんな時パウイ(漢方薬ではありません、バイオテクノロジーによる微生物療法)と出合い半分信じて毎日飲み続けました。一年後その管が抜いてしまえる状態になっていました。パウイとの出合いもなにか寿命があったのかなぁ・・・

「神秘なものパウイとの出合い」 男性

胃癌を告知され全摘手術、2日間のI・C・Uから一般病棟(4人部屋)へ帰った時、同室の方が、何かにおいのする飲み物を食前に飲まれていました。不安と恐怖で何か漢方でもと考えている時、その方がどんどん快方に向かっておられたのでお願いしました。
あの時から3年、このパウイを2日で1本づつ飲み続けております。最近のC・T血液検査で異常なしでした。同室となった人との出逢い、神秘なものパウイとの出合いです。

「感謝!パウイ」 女性

妊娠数ヶ月後、子宮ガンが見つかり四期とも告知されました。でも今春、無事男の子を出産、かわいくてこの子のために生きつづけたくて、パウイを出産後の4月から1日1本100㏄を飲み続けております。そうしたところ検査で消えていると医師が頭をひねっていました。感謝!パウイ

※個人の感想であり、使用感には個人差があります。
※体験談は薬事法の関係上、一部修正させて頂いております。

ところでパウイってなに?

パウイとは

発酵を助けてくれる菌のニックネームなんです。
パウイ菌は正式名称アンチアンモニアアゾトバクター
といって空気中の窒素を固定化する能力をもった
人体に有益な栄養素を生み出す菌なのです。

そしてパウイを実感できるのは3つの理由があるんです。 パウイの商品イメージ写真
良質なアミノ酸のために「大豆」にこだわる

良質なアミノ酸を取り出すためには良質な素材が必要です。
パウイには黄豆と呼ばれる大豆を使用。これは大豆の原種でありアミノ酸を豊富に含みます。

アミノ酸の浸透力がちがう

良質なアミノ酸を取り出すためには良質な素材が必要です。
パウイには黄豆と呼ばれる大豆を使用。これは大豆の原種でありアミノ酸を豊富に含みます。

窒素を有効活用する

良質なアミノ酸を取り出すためには良質な素材が必要です。
パウイには黄豆と呼ばれる大豆を使用。これは大豆の原種でありアミノ酸を豊富に含みます。

大豆 パウイのイメージ図
井上ちあき先生

井上ちあき先生にパウイについてお聞きしました。

私たちは健康になるため、そして生きることに喜びと楽しさを自覚するためには、
日常の飲食物の摂取により自己治癒力が活性化され、
無意識のうちに免疫力を高められることが最も大切なことです。
それを助けてくれるのがパウイです。

健康管理士
医学博士 井上 ちあき
このような方におすすめです。
健康な生活を心がけたい方
最近疲れたなと感じる方
とにかく早く回復したい方

パウイケミカルK 長く続けられる錠剤タイプ

  • ■濃縮黄豆851菌培養エキス配合 ■ビール酵母・食物繊維配合
  • ■18種類の必須アミノ酸と各種ミネラル群を豊富に配合
  • ■一日10粒を目安にお召し上がり下さい。空腹時の服用がポイントです。
500粒入り¥24,800
パウイ商品画像
取扱店を募集しています
※個人の感想であり、使用感には個人差があります。
※体験談は薬事法の関係上、一部修正させて頂いております。

パウイには18種類の必須アミノ酸が全て含まれています。

パウイに含まれる栄養素
※この色の表示は必須アミノ酸(からだでは作れないアミノ酸です)

アルギニン/ アラニン/ リジン/ グリシン/ ヒスチジン/ プロリン/ フェニルアラニン/ グルタミン酸/ チロシン/ セリン/ ロイシン/ スレオニン/ イソロイシン/ アスパラギン酸/ メチオニン/ トリプトファン/ バリン/ シスチン/
その他ビタミン・ミネラル群
ビタミンB1/ ビタミンB2/ ビタミンC/ ビタミンE/ αトコフェロール/ γトコフェロール/ δトコフェロール/
メールでのお問い合わせ
ページ上部へ